大野ダム公園

大野ダム公園大野ダムは美山町を東西に流れる由良川水系美山川の下流、町の西端に位置する高さ61.4メートルの重力式コンクリートダムで、治水と発電の目的で、1961年(昭和36年)に京都府で最初の多目的ダムとして完成しました。
以後、ダムやその周辺には多目的広場や散策路が整備され、その中でもダム湖は「虹の湖」の湖と称され、1,000本をこえる桜や500本をこえる紅葉が季節毎に色とりどりにダム湖周辺を彩り、春にはさくら祭、秋にはもみじ祭が開催されるなど地元住民だけでなく多くの観光客がこの場所に訪れ、美山町の自然を楽しみます。

場所

京都府南丹市美山町樫原中野山48−5 Googlemap

アクセス

国道162号線静原交差点西へ約10キロ
美山町までの詳しい案内はこちら

見どころ

●緑豊かなダム湖「虹の湖」
季節毎の自然を楽しめるダム湖は「虹の湖」と称され、財団法人ダム水源地環境整備センターが選定する「ダム湖百選」に選ばれています。

●1,000本の桜
ダム完成当時、地元住民が中心になって自分達の手で1本1本を丁寧に植えた桜です。4月上旬には、公園内に約1000本の桜が満開になり、全国各地から大勢の観光客がこの桜を見に大野ダムまで足を運ばれます。また、ここ大野ダムの真横を通る府道12号線沿いにも連なるように桜が咲くため、「桜吹雪を間近に感じながら」のドライブを堪能できます。
4月中旬の1週間、毎年「さくら祭り」が開催されます。 
大野ダム さくら祭り

●500本の紅葉
地元の住民が植えた約500本の紅葉は、気温が急激に下がる11月、大野ダム周辺の山々の紅葉と共に、見事に色づきだし、周囲一帯を見事なグラデーションに染め上げます。
その時期には地元の人たちで運営されている毎年恒例の「大野ダムもみじ祭り」が開催され、美山町で採れた特産品の露店販売や地元特産品販売・おふくろの鍋等が人気を集めています。

大野ダム もみじ祭り

ダム湖 大野ダム紅葉

主な施設

●パットゴルフ/ディスクゴルフ
天然芝を使用した本格的全8ホール(3コース)が用意された初心者に大人気のパターゴルフ場です。
2012年7月にリニューアルされ、より使いやすい施設になりました。

●ウォーキングコース
大野ダムを起点として、ダム湖を周遊するウォーキングコースが整備されています。
是非ご利用ください。

●アスレチック(アウトドア空間)
大野ダム公園は、天然芝で覆われた自然豊かなスペース。週末は家族連れでにぎわいます。
その中に、子どもたちに大人気のアスレチックのアトラクションも用意されています。

お問い合わせ先

(有)ダムパーク・大野/大野振興会
ダムパーク・大野ホームページ
0771-75-9110 (大野振興会)

コメントは受け付けていません。