大原神社

大原神社

大原神社

大原神社は飛鳥時代、五穀豊穣、安産の神 伊邪那美命(いざなみのみこと)を祀るために建てられた丹波六社の一つです。
春秋には例祭があり、春の大祭(4月20日ごろ)には「お砂」を受けて苗代にまく風習があります。
文政6年(1823年)に本殿を火災で焼失し、弘化3年(1846年)に再建されました。境内には川上神社・五社明神・金比羅宮などの摂社を持ち、川上神社の例祭「カラス田楽」は府の無形民俗文化財として毎年10月の体育の日に行われています。
参道の一の鳥居(現在は社標のみ)付近には、ケヤキの大木があり、神木として崇められています。このケヤキは府の名木に指定されています。

ケヤキの巨木

カラス田楽

主な年間行事
10月 からす田楽(摂社 川上神社)

住所:京都府南丹市美山町樫原大原谷10 Googlemap
アクセス:南丹市バス「樫原」バス停下車 徒歩約15分
駐車場:当神社入り口 駐車場に停めてください
お問い合わせ:大野振興会 0771-75-9110

コメントは受け付けていません。