【5月27-28日ベニバナヤマシャクヤク春の鑑賞会】


非常に限られた山地にのみ生息するベニバナヤマシャクヤク。
5月ごろににふんわりとした紅白の花を咲かせます。
短命の花として知られ、花の命は3~4日ほど。
その数は減少傾向にあり京都府指定希少野生生物となっています。
毎年5月には特別に一般公開され、どなたでもご覧いただけます。
かやぶきの里手前5分の場所にございますので、ぜひお立ち寄りください。         日時:2017年5月27日(土)・5月28日(日)
午前10:00-午後3:00 今年は開花が遅れましたので6月3・4日も開園予定です

場所:内久保公民館(京都府南丹市美山町内久保)
美山道の駅ふれあい広場からかやぶきの里へ行く途中にございます。https://goo.gl/maps/qnncyoWWcaF2
保全協力金:300円
お問合せ:内久保環境史跡保存会 0771-75-0637
※5月20日はかやぶきの里で一斉放水が実施されるため13:45~15:00頃まで交通渋滞が予想されます。
お時間に余裕をもってお越しくださいませ。

NEW※ベニバナヤマシャクヤクの開花状況について(担当者より)
今年のベニバナヤマシャクヤクの観賞会は、5月20日と21日に設定しましたが2月、3月の低温のため開花が10日程遅れています。
現在は蕾の堅い状況で20日、21日に開花しそうに有りません。 鑑賞会の受け入れ体制は取っていますが、今後の天候にもよっては開花が見られない可能性もございます。
翌週の5月27日、28日にも、入山可能ですが27日は大型バスで1000人近くの来場が予定されており大混雑が予想されますのでご承知下さい。
このような状況を鑑み、6月3日、4日も受け入れ態勢は不十分ですが観賞可能といたしたいと考えております。申し訳有りませんがご承知置き下さい。


上段は昨年の様子・下段は2017年5月18日(木)の様子

コメントは受け付けていません。