新緑の美山を自転車が駆け抜ける! 京都美山サイクルロードレース5月26日(日)開催決定

京都美山サイクルロードレース
京都国体以降、美山町を舞台に今年で28回を数える、国内でも貴重な公道を全面使用した自転車レース「京都美山サイクルロードレース」の開催が決定しました。
毎年、全国から800名を越える選手が美山町宮島地区をメイン会場とするコースに集結。熱い戦いを繰り広げています。
競技は、まったくの競技初心者の方向け、キッズ(小学生)のための、宮島〜長谷をめぐる5キロ周回コースや、九鬼ヶ坂峠(標高差90m)を越えるおなじみの10キロ周回コースを、1周〜7周まで様々なレベルが用意されています。
このレースは、近畿高等学校自転車競技選手権大会ロードレース、国民体育大会自転車競技ロード予選などもかねており、本格的な競技会としての見応えもたっぷりです。
当日、レースのメイン会場となる美山文化ホール前広場には、美山ふるさと市と名付けられた、美山の名産の飲食や物販店などが立ち並び、お祭り広場のように盛り上がります。前日には、美山ではおなじみ子ども自転車教室「ウィーラースクール in 美山」も開催。5月の最終週の土日は、美山町が自転車で盛り上がります。
一人でも多くの方の参加、観戦、応援よろしくお願いします。

詳しい情報はこちら
京都美山サイクルロードレース公式サイト
関連情報 京都美山自転車の聖地プロジェクト

コメントは受け付けていません。