知井地区

知井地区は、美山町の東側に位置し、町内最大の面積を誇ります。中央を横断する由良川水系美山川沿いに豊かな自然と古き良き農村風景を色濃く残す地域として、季節を問わず一年を通じて多くの観光客が訪れます。

かやぶきの里
知井地区の西の入口には、国の重要伝統的建造物群保存地区であるかやぶきの里(北集落)があります。現在、38棟におよぶ茅葺き住居が現存し、美山を代表する観光スポットになっています。
春と秋には防災訓練として一斉放水が行われ、季節の名物となっています。

芦生研究林
美山川の源流には、芦生の森という未だ手つかずの広大な原生林が広がります。京都大学の研究林として管理されており、多くのハイカーが豊かな自然を楽しんでいます。

関連資料

知井地区ウォーキングマップ(PDF)
ビジュアルマップ かやぶきの里(PDF)
芦生の森ネイチャーガイドトレッキング(PDF)

コメントは受け付けていません。

知井地区の記事一覧

※上記リストは知井地区の一部です。随時、追加・更新してまいります。