ペリカンイングリッシュスクール

名古屋市緑区にある英会話教室「ペリカンイングリッシュスクール」さんにインタビューさせていただきました。

ペリカンイングリッシュスクールは2017年にスタートした英会話スクールで、名古屋市緑区内に「鳴丘教室」と「鳴子スクール」の2校あります。

今回のインタビューは校長・スクール代表のスティーブさんに同席いただきながら、主には校長補佐兼スクール運営に携わる Mihoko さんに対応いただきました。

ペリカンイングリッシュスクールは、子どもから大人まで通える英会話スクールで、現在の生徒数は約260名と人気の教室です。

1歳の乳幼児から通える親子クラスでも、日本語を一切入れない「英語のみの環境」を徹底されています。

その他にもどのようなこだわりを持ってレッスンを行っているのか、詳しく聞いていきたいと思います。

本当に役立つ英語を教えたい!来日20年のネイティブ講師が夫婦で英会話スクールを開校

── 最初にペリカンイングリッシュスクールを開いたきっかけをお伺いできますか?

このペリカンイングリッシュスクールは、2017年に代表講師であり夫のスティーブと私で始めた英会話教室です。

スティーブは今年の2022年でもう来日20年になりますが、日本に来てからずっと英会話講師として活躍していまして、大変多くの生徒さんに慕われてきました。

ペリカンイングリッシュスクール夏祭りの様

特に最後に働いていた英会話スクールでは、入社当初は本当に小さな教室だったのですが、スティーブの教え方やユーモアあふれるレッスンで多くの生徒さんが集まるようになり、駅前に店舗を構えるまで大きく成長しました。

やがてスティーブ自身も「自分で教室をやってみたい」という気持ちが芽生え、「それなら自分たちでやってみようか」とまずは自宅の一室を使って教室を始めたという次第です。

そうして2018年10月には名古屋市緑区鳴子町にも新しく教室を構え、現在教室は2つあります。

ペリカンイングリッシュスクールの外観

── ご夫婦で始めた英会話スクールなのですね。Mihoko さんも講師として入っているのですか?

いえ、私は元々看護師でして、今も看護師として働きながら、校長補佐兼スクール運営面に携わっています。

私はスクール内の事務的な部分を担い、レッスンは全てネイティブ講師が行っていますよ。

レッスンはオールイングリッシュ!子どもの成長発達に合わせたクラスへご案内!

── 現在のペリカンイングリッシュスクールでは、どの様な年齢層の生徒さんが通っていますか?

ペリカンイングリッシュスクールは、小さなお子さんから大人の方まで通っていただける英会話スクールですが、比較的子どもさんが多いですね。

小学校から英語の授業が始まったので、現在は特に小学生の生徒さんが多いと思います。

当スクールは1歳から受け入れており、子どもも大人も合わせると現在は総勢260名ほどの生徒さんに来ていただいています。

── どのようなレッスンがあるのか教えてください。

まず1歳児さんには「親子クラス」をご用意していますよ。この親子クラスは TPR(Total Physical Response) と言って、身体を動かしながら英語に慣れ親しんでいただく機会としています。

まだ小さなお子さんですから、レッスン時間は1回40分とし、家でもできるリトミック体操や身体を使ったリスニングの練習、お歌や絵本の読み聞かせなどを行っています。

これら全てネイティブ講師による英語で行い、日本人の補助は入りません。

── 2歳以降だと、どのようなレッスンになりますか?

2歳から3歳前半を「Pre-Kのa」、3歳後半から4歳ぐらいまでを「Pre-Kのb」という感じでなるべく小さい子と大きい子が一緒にならないようにクラス分けしています。

この年齢・月齢のお子さんだと、たった1歳差でも成長や発達の度合いが違うので、その時期に合わせた取り組みが必要なんですね。

具体的なレッスン内容を言いますと、2歳から3歳前半の「Pre-Kのa」では色を塗ったり、鉛筆を持つことを少しずつ練習していきながら、アルファベットの ABC を順番に教えていきます。

続いて数字・色を英語で何というのか徐々に教えながら、合わせてフォニックスも始めていきますよ。レッスンでは、何回も同じことを繰り返しながら、まずは ABC の音を覚えることを重視しています。

もちろんこちらのクラスも英語を英語で教えるスタイルです。“touch” だったら手と手を合わせて “touch”、“cheek” だったら頬に指をちょんと付けて “cheek” というように、英語をそのまま入れます。

レッスンはネイティブ講師のみで、1クラスの生徒数は4人までと少人数制を取っています。

3歳後半から4歳ぐらいの生徒さんが入る「Pre-Kのb」だと、鉛筆を持つ力がもう少ししっかりしてくる時期です。ここからは書く練習も少しずつ始め、フォニックスの継続的な指導を行います。

数字に関しては、20まで英語で数えられることを目指してレッスンを進めます。

ペリカンイングリッシュスクールの子供たちの様子

── 「Pre-Kのa」「Pre-Kのb」も親子で受けるクラスでしょうか?

2歳以降のお子さんは、もう親御さんから離れてレッスンを受けていただきます。もちろんはじめはやはり泣いちゃう子もいます。

でも「ここが楽しいところだとわかれば大丈夫です」「必ず泣き止むから心配いりませんよ」とご説明し、実際に親御さんにその様子を見せてご理解頂いています。

ですので早い子なら2歳から1人でレッスンに参加できていますよ。

続いて4歳後半から5歳児の「KN クラス」では、先程のこだわりの部分はそのままに、数字を50まで数えられるようにする。

さらにアルファベットを A から Z まで書けるようにするなど、子どもの知能・発達に即した目標を持って進めていきます。

ここまでのクラスは、ネイティブの講師や教室に慣れていただき、英語に親しみを持っていただく段階で、これ以降は「エコラーニングシステムズ」という学習システムを取り入れ進めていきます。

── エコラーニングシステムズとはどのようなものですか?

児童英語に特化したカリキュラムで、レッスン内容は8段階に細分化されています。

昨今、子どもさんの英語力も本当に様々ですから、年齢でバシッと分けるものではなく、その子のレベルに合わせて最適なクラス・最適な学習内容で進めていくべきだと思っているんですね。

ですので体験レッスン等に来ていただいた際には、お子さんのレベルチェックをさせていただき、その上でクラスをご案内しています。

エコラーニングシステムズは5歳以降〜中学生移行期もしくは中学1年生を対象にしています。その後は別途、中学生・高校生クラスもありますよ。

レッスン料金や教材費が安いので英会話を長く続けられる

── 各クラスのレッスン料金はどの様になっていますか?

当スクールは「小さいときからレッスンや教材に高い費用をかけない」というモットーで、料金設定をしています。

Pre-K の a や b なら週1回(月4〜5回)のレッスンで月額7,600円(税込)で、教材費は年間4,400円(税込)です。KN クラスなら週1回(月4〜5回)のレッスンで月額8,200円(税込)で、教材費は同じです。

── レッスン料金はもちろんですが、教材費も比較的安く設定されていますね。

やはり年齢が低いうちは、キレイにテキストを扱うなんて至難の業ですから、高いものをわざわざ買い与える必要はないんですよ。

色がカラフルで、楽しい感じの作りで、なるべく安いものを使う。それで教えられたらもう十分なので、余計にお金をかけないようにしています。

ペリカンイングリッシュスクールの教材

あとは、自宅の一室でやっているので、コストは低く抑えられるというところもありますね。

5歳以降、成長に合わせて進むエコラーニングシステムズのレッスンだと、月額8,600円(税込)で、教材費は年間10,000円(税込)としています。

ペリカンイングリッシュスクールの講師は全てネイティブ講師

── レッスンを受け持つのは全てネイティブ講師で日本人講師はいないのですか?

そうですね。代表講師であるスティーブはオーストラリア出身で、その他に活躍してくれている講師もイギリスかアメリカ、オーストラリア出身です。

ペリカンイングリッシュスクールの男性講師

英語が第1言語という方のみを採用しています。

また他の英会話スクールだと、受付や補助に日本人講師がいたりする場合もありますが、当スクールは建物に入ったときから帰るまでずっと英語というこだわりがあります。

こうすることでメリハリをつけて、頭のスイッチを英語に切り替えてもらうようにしているんです。

やはりみなさん普段は日本語だらけの生活ですよね。その様な中で週1回の英語レッスンに来て、そこでも日本語を使っているのはもったいない。

いかに教室での時間を有効に「英語だらけ」にするか考えると、自ずと日本人スタッフは置かないという考えに至りました。

もちろん事務的なところや、スクールへ入会をご希望される方への初回説明は日本人の私が付き添って説明します。

あとは年1回の面談時に、生徒さんの学習進展状況をお知らせすることも私が行っています。逆にそれ以外については、全てネイティブの先生にご対応頂いているんです。

ペリカンイングリッシュスクールの女性講師

── そうすると、何か親御さんがスクール側に質問したいときはどうなりますか?

親御さんも英語で講師に質問していただいています。

もちろん英語が苦手な親御さんもいると思いますが、それでも何とか頑張って伝えてくださいとお願いしています。

担当講師が生徒さんの成長・発達具合をしっかり把握しているので「この子は◯◯したら伸びます」「この子は◯◯なクセがありますね」などと直接話していただくほうが良いと思っているんですね。

それに親御さんが英語を話しているところも、子どもたちはよく見ています。

その姿を見て、子どもたちも「ここでは英語で話さなければいけないんだ」と理解し、「英語が話せたら自分の気持ちが伝えられる」と、英語を学ぶ必要性や意義がわかってくると思うんですよね。

ペリカンイングリッシュスクールでは、徹底した英語のみの環境を作ることで、英語力がつくだけでなく、英語を学ぶ意味まで感じられる。そのようにつながれば本望です。

ペリカンイングリッシュスクールのレッスンは朝9時から夜21時まで対応

── 現在の生徒数は260名と、たくさんの生徒さんが通っていますね。

ペリカンイングリッシュスクールのレッスンは、月曜日から土曜日まで、朝9時から夜21時までございます。

主には、平日15時から7クラス、土曜日は朝10時から8クラスあり、その他プライベートレッスン等のご要望も承ります。

講師は現在4人いますので、途中入会も随時受け付け可能です。

── 年度途中での入会の場合、どのような流れになりますか?

まずは生徒さんのレベルチェックをさせていただきます。

子どもさんの場合だと、「ABCが読めるか」「数字が読めるか」「フォニックスの音が答えられるか」「自分の名前が書けるか」「鉛筆の持ち方がどうか」などを見ていきますよ。

これらをマンツーマンで見させて頂き、その子の能力的に一番問題ないところ、途中から入っても大丈夫だと思う最適なクラスをご紹介します。

途中入会の場合、他のスクールだと「その子がこのクラスに馴染めるか」といった観点でレッスンクラスを決めているところもあるかもしれません。

しかしペリカンイングリッシュスクールでは、そこにはあまり重きを置いていません。

まずは生徒さんの現時点でのレベルと、そこからどれだけ上達できるかを一番に考えてクラス分けをしています。

というのも、当スクールは4人までの少人数制レッスンなので、あまり「クラスに馴染めるか」を心配されなくても大丈夫なんです。

補足としてお伝えしますと、年度途中での入会の場合だと、どうしてもテキストが一番はじめからのスタートではなくなってしまいます。

ですのでその代わりに、教材費をディスカウントして提供させていただいています。

── 納得感のある形で、生徒さんのレベルに合った最適なレッスンが受けられると分かりました。

英語を習い始める名古屋市の幼児・小学生へ!無料体験レッスンのご案内

── 現在、体験レッスンのお申し込みは可能でしょうか?

もちろんです!ペリカンイングリッシュスクールのホームページからお問い合わせいただくか、お電話でも受け付けています。

── それでは、これから英語を頑張りたいと思っている方へメッセージをいただけますか?

英語をまずは学問だと思わないでほしいです。英語はコミュニケーションの手段であって、使えなければ何の意味もないもの。

日本の英語教育の実情として、中学校で英語のテストを受けて、カンマがないだけでバツになったり、スペルが少し違っただけで減点されますよね。

もちろん書いて読むことも大切ですが、コミュニケーションができなかったら、英語を習う意味がないとさえ思っています。

英語を学びたいのであれば、「英会話」という視点で話せるようになることを目的に、英語が上達できるスクールを探してほしいなと思います。

成人の方・大人の方なら、昔学校で英語をひと通り習っているので、読めるし書ける。けれどやっぱり喋れないですよね。

英語が話せるようになるには、まず会話に興味を持ってもらって、どんどん実践してほしいです。

先程は子どものレッスンを中心にお話しましたが、実は当スクールの成人レッスンは、週1回(月4~5回)のレッスンで月額7,000円(税込)とかなり安く、振替制度もございます。

ネイティブ講師によるオールイングリッシュで「日本語禁止」と聞くと、尻込みされるかもしれませんが、その分必ず上達します。

このスタイルが上達の一番の近道だと思っているので、少しの勇気を持ってぜひチャレンジしてみてください!

── ちなみに Mihoko さんの英語のスタートはいつごろでしたか?

もうだいぶ前になりますが、看護師として働きながら、20代半ばで初めて英会話スクールに足を踏み入れました。でもそのときは本当に全く喋れなくて・・・。

最初に高額なローンを組み、たくさんのレッスンチケットを購入して、というスタートでしたね。そのスクールもオールイングリッシュで日本語禁止でした。

でも「あとはもうやるしかない!」と一生懸命スクールにたくさん通って、ある程度レベルアップした時に海外留学しました。

ですので「日本にいても、勉強法さえ間違っていなかったら、英会話は必ず上達する!」と確信しています。

週1回のレッスンでも必ず上達しますので、皆様も頑張ってみてください。私でもできたからきっと皆様もできるはずです。

── 経験者だからこそ、説得力のあるメッセージでした。本日はありがとうございました!

ペリカンイングリッシュスクールの基本情報

教室名 合同会社ペリカンイングリッシュスクール
所在地 鳴丘教室:〒458-0005 名古屋市緑区鳴丘2-1502-3
鳴子スクール:〒458-0041 名古屋市緑区鳴子町4-20 コーポ鳴子1階
費用 親子英会話:10,600円/月 
幼児(2ー4歳)PreK :7,600円/月 
園児:8,200円/月 
エコシステム(基本小学生から):8,600円/月 
中学生・高校生:9,000円/月 
成人:7,000円/月 
セミプライベート:13,600円/月 
プライベート:10分1,000円(30分から) 
その他回数券チケット制あり
レッスン時間 親子・PreK 40分
kindergarten ・エコシステム・成人50分
中学生高校生60分 
毎週レッスンあり
講師 Stephen Draper(owner)
John Everett
Mia Dennis
Ryan Corrigan
オンライン授業 なし
営業時間 朝9時から12時 午後2時から午後9時 土曜日は午前8時半から午後6時 日曜定休
電話番号 052-750-7500
公式HP www.eikaiwa-pelican.jp

ペリカンイングリッシュスクールの位置情報

鳴丘教室 〒458-0005 名古屋市緑区鳴丘2-1502-3

鳴子スクール 〒458-0041 名古屋市緑区鳴子町4-20

※ 取材時の情報を掲載しています。最新情報は直接、ペリカンイングリッシュスクール へお問い合わせください。

20代・30代の働く社会人にもおすすめ!ペリカンイングリッシュスクールの取材後記

2017年の開校から今で5年。この間にペリカンイングリッシュスクールに入会した生徒さんは約500名にも迫ります。

スクールに一歩入れば、「大人も子どもも日本語は禁止」と徹底したスタイルで、ここではみんな英語で話すことが当たり前。

さらに特徴的なこととしては、保護者の方とネイティブ講師とのコミュニケーションも直接英語でやりとりする、という点です。

保護者の方も英語を話す必要があるから、英語は単なる「子どもの習い事」ではなくなり、家族共通の関心事へとつながりそうです。

「親の背中を見て子は育つ」なんて言葉もありますが、親も子も一緒に成長していけたらいいですね。

週1回のレッスンでも十分に上達できる、ペリカンイングリッシュスクールのレッスンが気になった方は、英語レベルチェック付きの無料体験レッスンをぜひ受けてみてください。

取材日:2022年7月4日
取材/文:小原亜紗子
写真:ペリカンイングリッシュスクール 提供